« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

骨髄バンクその後

骨髄移植の件は、それでどうなったの!?という友達からの質問が多いので、その後をお伝えすると、結局、残念ながら私の血液はそれほど近くないため、念のための補欠、ということとなり、引き続き他の方でぴったり合う方がいないかどうかを探すそうです。

ぴったりと合わない場合、肝機能がおかしくなってしまったりと、逆に命を縮めてしまうことがあるそうなので、慎重なのだそうです。

上手く適合する人が見つかることを心から、お祈りするばかりです。

| | コメント (2)

2008年3月27日 (木)

美肌にかける女達の情熱

私の友人達の、美肌にかける情熱は半端ではない、と思うのですが、みなさまの周りではいかがですか?

そういう私も30を過ぎてから、肌の著しい乾燥が目立つようになり、多少肌の手入れをするようになりましたが、それまでほとんど放って来たわりには、もともと地が黒いため、しみやそばかすはほとんどありません。

それでも、カリフォルニアは紫外線が厳しいし、年齢が行くにつれ、肌も弱くなってくるのを心配して、定期的にフェイシャルに通い、プロのカウンセリングを受け、化粧品や薬の処方を受けています。

最近、とても気に入っているのが、Skin SpritというPalo Altoにあるスパ。こちらは、なんと美容整形外科医がオーナーのスパのため、ただのフェイシャルだけでなく、治療も行ってくれる点がかなり普通のサロンよりもポイントが高い。(もちろん、その気になれば美容整形も!)でも、スパのくつろげる雰囲気はそのままです。

www.skinspirit.com

私が定期的にしてもらうのは、肌のディープクレンジングとアウトドアスポーツでできた肌の荒れた皮膚を削ってもらう治療。それからにきびなどを処理し、その上に、オイルでマッサージし、エンザイムで肌を刺激し、保湿をしてもらいます。

さらに、ビタミンCを処方してもらい、それを肌にしみこませた後、プロのスポーツ選手が使っているという強力な保湿クリームを塗った上から日焼け止めを塗るようにしています。これでももちろん日焼けそのものを防ぐことはできませんが、日焼けや風による肌へのダメージがかなり防げ、とても気に入っています。

私が紹介したために、友達も数人通いはじめましたが、評判は上々。もともと私へ紹介してもらった友人は、美容の達人で、Skin Spiritはベイエリアで一番の技術を持っている、と言っております。値段も他の美容整形外科に比べ、かなり安いそう。スパとしてもお値段は普通です。もしもご興味があったら、ぜひどうぞ。ちなみに私の担当者はCherylという人です。

でも、美容も気にしすぎると、人生を損してしまうと思うんですよ!

昨日日本にいる友達と電話で話したのですが、日本では美肌への意識はさらに高いらしく、日焼け止めに帽子は当たり前。さらに日傘を差し、夏でも長い手袋をしてひたすら日焼けから肌を守るのが常識なのだそうです。

最近、友人がアメリカ人のだんな様に、

「60歳になって美しい肌をしているのと、今を楽しむのと、どちらが大切なんだい?」

と言われたそうです。

私だったら、絶対に今を楽しみたい!

これからも、肌の健康を考えつつ、日焼けを怖がらずに、家族や友人と健康で楽しい時間を過ごしていきたいと思ってます!

| | コメント (6)

2008年3月26日 (水)

キンダー・スクリーニング

今日は、4歳の娘のKindergartenへの面接がありました。

面接と言っても、公立なので、別にできなくても落とされるということはなく、ただ、「まだキンダーはまだ早いんじゃないですか。」とか「ここが弱いので勉強しておいてください。」みたいな助言をいただく日です。

娘は11月生まれなものですから、ここで先生に一言でも「ちょっとまだ早いかも。。。」的なことをほのめかされたら、絶対に一年遅らせようと思っていました。上の娘二人は遅らせてますからね。少しでも戸惑いがあったら、遅らせた方が良いことは実証済みです。

しか~し。一番からだの小さい下の娘は三人娘の中でも、極上のしっかり者の上、すばしっこい。テストは全てあっという間に難なくこなした後、先生からは、「心配はゼロ。100%準備OK。」と言われてしまいました。

さらに、極めつけ、最後に、

“Now can I get on the bus?”(もう、バスに乗ってもいい?)

と娘が先生に聞くので、私も先生も “??????”

丁度、今日は学校の前に黄色いスクールバスがとまっており、今年のKinderの子供達が遠足に向かおうとしているところ。彼女はこのテストが終わったら、早速Kinderに入学でき、一緒に遠足に行けるのかと思ったらしい。

おい。気が早いよ。

こっ、この物怖じしない性格。一体誰に似たんでしょうね~~~~~。

| | コメント (4)

2008年3月24日 (月)

「朝一番」の夫

今日は朝一番、夜明けと共に、たくぞうと夫と3人でショートコースを回ってきました。何しろ、「朝一番」、というやつが大好きな夫。いつもの彼のチャリンコも、夜明けとともに行くのが恒例。

何を隠そう、夫は高校生の時、そのころの友達とつるんで、当時はやっていた長髪。溜まり場でギターをひきながらポットをモクモク・・・、みたいな自堕落な生活を送っていたのだそう。思春期によくありがちな、自分の中では何かがやりたいのに、何をしたらいいのかわからない、頭から叱り付ける親にも意味なく反抗してしまう、みたいなジレンマに陥っていたのだそうです。

そんな時、朝一番に自転車に乗って走っている“超かっこいい”日系人の先輩に、「朝をどう上手く使うかでその一日が決まるんだ。」みたいなことを言われたのだそうで、それから、目覚めてしまった。この「朝一番」の習慣。

私達がアメリカに渡って来る前、ざっと12年前、六本木に住んでいた我々は、夜な夜な繁華街で明け方まで遊んでいました。でも、私がそこで彼に感心したのは、どんなに遊んだ夜も、次の朝は6時半に目覚ましをかけ、早く起きる。そして一人で勉強するのです。当時彼は、現役トレーダーでもなかなか受からないと言われていた、証券アナリストの資格を目指していました。毎夜遊んでいる割には、一回で受かってしまったのは、一重にこの「朝一番」に勉強する習慣によるものでした。

この「朝一番」、アメリカに渡ってきても、子供が出来ても、もちろん変わる習慣ではありません。だから、私は結婚して以来、「週末は一日寝ちゃった」とか、「朝食はベッドの中で」みたいなことを味わったことがないんです!

でも、おかげで一日を長く使うことができます。今日もゴルフの後、子供達を飾り立て、親戚とCoyote Creek GCにてイースターのブランチを食べ、その後親戚一同、みんなでゴルフの練習。たっぷり遊んでも、まだ1時半なので、その後子供達と一緒に庭を掃除して、犬を洗って、洗たくの片付け。その後夜ご飯を作って、今から仕事です。(しかも途中でお昼寝もしました。)

私が三人の子育てとペットを楽しみ、義母のお世話をお手伝いし、店を持ちつつ、友達とスポーツをし、読書をすることができるのは、夫の「朝一番」という習慣によるところが多いのかもしれません。

夫があの“超かっこいい先輩”の一言で始まった習慣。考えれば、私は彼の「朝一番」を信じて、遠いアメリカまで彼と一緒にやって来たのだと思います。

| | コメント (7)

2008年3月22日 (土)

骨髄バンクにご興味のある方へ

今日資料が届きました。私がドナー登録したのは、

Asian American Donor Programでした。

ウェブサイトはwww.aadp.org

ご興味ある方はぜひどうぞ!

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

2連チャンゴルフ

っていっても、ショートコースのことですよ!!!!

それにしても、アメリカはゴルフが安い!市営のショートコースは$16。クラブがない人は無料で貸してくれるそうです。しかも近い!うちから車で15分以内にショートコースが3つ・4つありますものね。

日本だとこれが、朝早~く起きて、誰かに車でピックアップしてもらって、何時間もかけてドライブして、しかも高い!ということで、ゴルフなんて面倒なスポーツだなあ、って思ってましたが、アメリカだと全く逆ですね。

これほど手軽で楽しい娯楽はちょっと他にないかも。

今日初めて一緒に周った日本人奥様Kちゃんも、すっかりその気になり、私と週に2回周ってくださるそう。(涙)子供が小さいうちにゴルフしている人ってなかなかいないですからね。おそらく、始めるのになかなか勇気がいるのだと思います。私はMさんご夫婦のおかげで、コーチに習ったため、折角習ったんだから頑張らないと!と夫におしりを叩かれています。(今日のゴルフも靴からボールからティから全部夫が昨晩、私の車に準備してくれたんです。)

お互い、子供のいない、短い時間、たった1時間半でダッシュで一緒に周ってくれるKちゃんは貴重なゴルフバディとなりました。

実は今日は韓国人の親友も一緒の予定が、彼女の車が壊れたため、ご主人の車で来たところ、カーナビがないので迷ってしまったとかで、辿りつけなかった!ってご主人の車、たしか、フェラーリじゃ。。。女性がフェラーリで市営のコースに来たりしたら、びっくりだよね、ってKちゃんと笑ってました。さすが豪快な姉御。

Kちゃんは、中学からゴルフ部だったため、本当にお上手!私も一緒に周ってとても勉強になりました。

明日もまたゴルフ!週末は子供連れで、ゴルフとテニスしようっと!(あ、また日焼けが。。。)

| | コメント (4)

2008年3月19日 (水)

9年目の奇跡

今日の夕方、ある一本の私宛の電話が自宅にかかりました。

うちは電話帳に載っているため、セールスコールがメチャメチャ多い!それでセールスとわかったら瞬時に、

”Would you take us off the list? Thank you.” (セールスリストからはずしてください。)

と伝えて、有無を言わさず切ることにしています。(ここでいつも義母に、「あんたは強いねぇ。」と感心されます。)

今日の電話も、すこしアメリカ人ではない訛りのある女性の声で、何かを読み上げているのがわかったため、瞬時に切ろうかと思ったのですが、ちょっと様子が違うことに気づきます。

それでよくよく話を聞いてみると。。。

遡るは1999年の夏、マウンテンビューの仏教会で私達家族は毎年、照り焼きチキンのブースを担当していました。(それが今は焼き鳥や。。。運命かな。)

その時に、例年とは見慣れないブースがひとつ。それは、骨髄移植ドナー募集のブースだったのです。アメリカにおいてはアジア人はマイノリティ。なので、アジア人の患者に照合するドナーを見つけるのは千載一遇のチャンスだそう。

その当時、白血病を患って生還したばかりの義父が存命中でした。(しかし、その2年後に他界。)義父は骨髄移植は行わなかったものの、白血病の怖さが身に沁みていた我々は家族を代表して、夫と私がドナーとして登録させてもらったのでした。

その電話は、たった今骨髄移植を待っている51歳の患者さんと、9年前に取った私の血液のサンプルがマッチする可能性が非常に高いとのことを知らせる電話だったのです!

私はしばらく、言葉に詰まってしまいました。

この9年間、私はすっかり自分がドナーとなったことを忘れていました。でもその9年間、一体何人の白血病患者の家族たちが、関係者達が、すがる思いで、私のサンプルデータを確認してきたことなのでしょう。。。

早速、来週の月曜、正式な血液検査をしてもらうことに。何しろ先方はお急ぎなので、きちんと検査が済み次第、問題なければ、すぐに移植の手はずとなります。

どうか、どうか、私の骨髄がその方の役に立つことができますように。。。

夫にこの話をすると、実は2日ほど前に、骨髄バンクから、私宛てに手紙が届いていたのだそう。でも、彼は私が忙しいので絶対に無理だろう、と私に見せることもなく、廃棄していたのだとか!(それはそれで、心遣いが嬉しい。)

幸運なことに?今日の口頭質問(56問質問されました!)では全て健康!!!!自分で言うのもなんですが、ドナー候補としてはかなりいい線いっていると思います。

笑っちゃったのは、「同性間で性交を行ったことがあると疑いのある人と過去12ヶ月の間に性交を行ったことはありますか?」というような質問がありました。(エイズ感染に関する質問のひとつ。)

「う~ん。それだけはないことを願いたい。」

と答えることしかできませんでした。。。

| | コメント (10)

2008年3月16日 (日)

年上好きの男

誰のことかというと、友達の4歳のお子さん、Tちゃん(男子)のことです。

Tちゃん、先日うちにプレーデートに来た際、私と母が

「Tちゃん、かわいいわねぇ。女の子みたい。」

っと言ったら、Tちゃん、

「あの子も女の子みたいにかわいいよ。」

と指差したのが長女。4年生の娘。つまり、男の子と間違えた。

「わははは~~~。この子女の子だよ~~~。」と周りが大爆笑しているよそに、長女に熱い眼差しを向けるTちゃん。

クラスメートである私の4歳の娘にも、7歳の娘にも、そして男の子がいたら楽しいかと思って呼んだ、8歳と9歳たちのお兄ちゃんたちにも興味を示さず、やたらと長女にまとわりつくTちゃん。

そして、今日も!長女と私がクッキーセールをしているところに(結局晴れたので、売ってきました。)たまたまTちゃんのご家族が通りかかりました。すると、私とTちゃんのママが立ち話をしている隙に、Tちゃんはすかさず長女に抱きついたり、おぶさったり、最初から直接的なアプローチ!

ボーイッシュな長女の方は逆に恥ずかしがり、ただ棒立ちで、なされるがままになっていました。

Tちゃん、周りの女の子をほめまくるため、プリスクールでもかなりモテ男君です。

将来は、絶対逆玉だな、こりゃ。

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

ガールスカウトクッキー

明日は、ガール・スカウト・クッキーをロスアルトス・ダウンタウンのスタバ前で娘と娘のTroop Mateと一緒に売る予定でしたが、どうやら、明日は雨みたいですね。(ウシシ。)

雨だったら絶対に売れないし、クッキーもぬれてしまうので中止。(ウシシ。)

なんてラッキー!!!(しかも日曜には晴れるそう。テニスはばっちりです。)

それにしても、このガールスカウトクッキー、私はあまり好きなイベントではありません。

1.クッキーが値段ほど美味しくない。

2.クッキーは甘すぎ、食べ過ぎたら子供の体にも歯にも悪い。

3.あまり好きでない商品なので、売る気が起きない。

どうせ売るのだったら、何かもっと健康によくて、役にたつものとかにすればいいのに。

以下、私が勝手に考えたアイデアです。

ガールスカウト・フラワー (お花や草木、野菜などの鉢植え。または、種や球根。)

ガールスカウト・ビスケット (クッキーよりもずっと健康的なスナック。)

ガールスカウト・避難用キット (災害にあったときのキット。これさえもって逃げれば3日は生き延びられる!)

ガールスカウトは、少女達の精神を鍛えるのを目的としているのだから、もっと世の中のためになる商品を扱って欲しいな!

私がもとより売る気がなく、盛り下がっているいるせいで、こんなことを言い出しているのかも。娘の友達など、パパの仕事先で100個楽に売れた、と言っていたので。(しかも、パパ歯科医ですけど!?いいの?甘いクッキー売っても?)

| | コメント (4)

マウロに好かれる

今、炭家の店長が日本へ一時帰国しているため(壮行会ありがとうございました!でも、帰国期間、二週間ですけど。。。)、彼のペットのチワワ犬を娘達のたっての願いで、みさせてもらっています。

私はもともと大型犬派。小型犬の面倒をみるのは初めてだし、どうやって接したらいいのかさっぱりわかりません。サイズからいったら猫みたいだから、つい猫みたいに接っしてしまいます。でも、猫と大きく違うのは、やっぱり犬なので、私のアテンションが欲しくてしかたがない!ちょっと外へ遊びに行っては2分後には帰ってきて、わたしがそこへいるか確かめに来る。そしてひざに座っては顔をなめまくる。そこで、犬のように接しようとすると、うちのラブにしているようにテニスボールを投げたところ、大きすぎて口に入らないし、再び投げてちょうだい、とは言いません。

そんなマウロ、私が仕事に行ったときには、ドアの前で悲しそうにしばらく鳴いていたとの事。(ジ~ン。)

そんなに好いてくれているので、こちらも情が移ってきました。でもなんといっても大型犬のドーンとぶつかってくるような愛情表現が大好きな私は、

「大きくなるんだよ。」

と、つい最初に指示されている以上のえさを与えてしまいがち。日中あちこちに連れまわされ、そのたびに子供達と遊ぶからか、普段よりも空腹のようで、「これぐらいしか食べませんから」と言われていた分量よりもはるかによく食べます。

飼い主の意図とは逆に、大きくなってしまうかも。

マウロ改造計画密かに実施中。

| | コメント (2)

2008年3月14日 (金)

女友達

最近になって、女友達って本当にいいな~~~ってしみじみ思ってます。

一番良く会っているのが、私のブログにもよく出てくる韓国人のK。韓国ドラマのヒロイン顔負けの美人で、ブランド好きで華やかで素敵ですが、それよりも彼女の性格がおもしろい!

今日も一緒にStanfordのDriving Rangeで待ち合わせていたときのこと。彼女は当然のようにスタバ・コーヒーを二つ持っています。そのうちの一つは私の好きなカフェラテ、もちろんノンファット。そして、「朝ごはん食べてきた?」と聞くので、「ううん。」と答えると、Ziplockを差し出し、その中には彼女の手作りのビスコッティが。やわらかめで、オレンジピールとクランベリーがたっぷり入っているのに甘さ控えめ。

なんか、これって、まるで私の彼女みたい?でも、彼女は結構強い性格で、どちらかというと、姉さん女房みたいなんです。私に「今日は、ちゃんと日焼け止め塗ってきた?」とか「その格好じゃ暑いよ。」とか、私が面倒くさがりなので、特に放っておけないようで、こまごまと世話を焼きたがります。

意見がかなり強いし、突拍子もないことを言い出したりするので、おもしろいんです。週に何度会っても、飽きません。ちなみに、今日のゴルフの練習では私が久しぶりに絶好調であったのに対し、彼女が絶不調だったために、目に見えて不機嫌に。そして、テニスを一緒にやろう、と向こうが言い出してきて、私も彼女に釣られて再びやる気が出てきたのに、本人は数回練習しても上手くならないから、私にはあわないから、やめる。とか言い出すし。

でも、そんなところも面白いかな、と。

こんな友達が、大人になってできるなんてね。

人生って楽しいな。

| | コメント (0)

テニスの初心者募集!

毎週日曜の10時半~、ロスアルトスでテニスをすることになりました。今のところ、会員4名ですが、コーチに教えていただくので、初心者の方、募集です!!!!

毎回コーチ代として30ドルほどかかります。

ちなみにコーチは日本人でお若くてさわやかな人です。しかし既婚者。。。

もしもご興味があったら、ご連絡くださ~~~~い!!!!!

PS 昨日一緒にお食事いただいた方々、ありがとうございました!最後の方は酔っ払ってしまい、気分が大きくなってまた余計なことを口走っていたのでは。。。と思いますが、ま、酔った席のこと、と大目にみてくれることを信じています!

(あ、Mixiに写真UPの件お忘れなく。。。Alice覚えてるか~~~~?)

焼酎を呑んだ後はいつもそうですが、朝は気分爽快!朝からゴルフの練習に行ってきま~す!

| | コメント (6)

2008年3月12日 (水)

サッカーママ友

毎週火曜日と土曜日、娘から、JYSOに復帰するときに少しでも上手くなりたいから!と、お願いされ、週二回、自分よりもかなり小さい子供達に混じって、Kids Love Soccerのサッカーの練習を取っています。(習い事は時間を取られ、バタバタするのが嫌なので、どうしても必要でない限り、極力しない!というのが私の子育てのスタンスなのです。)

火曜日は4時から行われるのですが、ここで知り合った、白人のブロンド美人ママと私は意気投合!ここ数ヶ月でかなり仲良しになりました。彼女もスペイン語を勉強していて(私よりもかなり先を行っている)少しずつスペイン語で会話をしたりして、でも、私が超下手なので大爆笑!

ワシントンDC育ちの彼女はとても読書好きな上、博識で、好奇心いっぱいの人!いつも目をキラキラさせて私が来るのを待ち構えてくれているんです。(私がいつも若干遅刻のため。。。)

そんな彼女から教えてもらった本、スタンフォードの女性教授によって書かれた

Mind Set

http://www.amazon.com/Mindset-Psychology-Success-Carol-Dweck/dp/0345472322/ref=pd_bbs_1?ie=UTF8&s=books&qid=1205281835&sr=8-1

人はほめられてばかりいたら、困難にぶつかったときに、すぐに諦めてしまう。でも、努力を認められた人は、困難を乗り越える努力を惜しまず、最後に成功を収める、というところに深く共感!

まだ上手とはお世辞にも言えない長女のサッカー。のんびりやで攻撃性に欠ける彼女ですが、結果よりも、その結果を導く努力をする彼女を讃えてあげたいなぁ、と思いました。

それにしても、サッカーママ友。ずっと大切にしたいなぁ、と思うくらい素敵な人です。人の出会いって、意外なところにあるものですねぇ。

| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

楽しい週末

土曜には馬をもっている友人から誘いをうけ、家族で乗馬場に行ってきました。

とても清潔(臭いもしない!)で、自然の豊かな場所で、今までみた乗馬場の中でも一番素敵な方でした!http://www.springdown.com/

Hourse 下の娘は馬が大好き。これで乗馬を始めたい、ということになったりして!?

それにしてもアメリカは身近に自然がたくさんあって、いいですね~~~。うちの道沿いにもホース・ランチがあります。家の前を馬がよく通っています。のどかでいい景色です。

その後、友人Hさんのご自宅で開かれた、メイクアップアーチストのコンサルティングに参加。こちらではエクステンションマスカラの使い方を新しく学びました!これが、すごい。まつげがぐいぐい伸びる!私のオメメがちょっとだけぱっちりとして見えるとしたら、このマスカラのおかげだと無言で(ここ重要!)了解してください。http://healthyglamour.motivescosmetics.com/product_info.cfm?productcode=M14&view=intro

日曜はお友達のMさん主催による、テニスの集まりに参加!なんとそこに参加された方のお友達で、テニスのコーチをされていた方も参加くださった為、沢山学ぶことができました。今後、その方に教わることになりそうです!あぁもっと上手くなりたいなあ。上手くなって、日本の母を負かしたいです。(目標が超低いって!?)

テニスは本当にもっとがんばりたいです。ゴルフとテニスは歳をとってからでもできるスポーツですものね。家族で楽しめるようになったらいいなぁ。

さ、明日は恒例のDish歩き!今週も運動をがんばるぞ!

| | コメント (5)

2008年3月 8日 (土)

Cabi ファッションショーのお誘い

4月12日(土)、Los Altos Hillsの友人宅で、Cabiというブランドのお洋服のショーがあるそうです。ご興味のある方は、一緒に参りましょう!別途ご連絡ください。

Cabiに関しては、以下をご参照方。

http://www.andrea.cabionline.com/Spring2008/splash_flash.asp

こういうお誘いが非常に多いんですよね。。。(買い物好きだとバレバレ?)

お付き合い、お付き合いっと。

| | コメント (4)

2008年3月 7日 (金)

娘の絵

今日、仕事が終わり、12時近くに家に帰ると、この絵がおいてありました。

いつもの真ん中の娘(一年生)の絵です。

Picture_3

かわいい

ママ、明日もがんばるぞ。

| | コメント (7)

2008年3月 6日 (木)

エコ夫とサイエンス・フェア

来週に開かれる学校のサイエンス・フェアに長女が出展する予定ですが、このきっかけとなったのは、夫からの強い希望!

彼が学校のみんなに訴えたかったこととは。。。

水ボトルは環境に悪い!という事実。

http://www.valleywater.org/tapvbottle/?gclid=CLj49bC1npECFRsTawodKEVZPA

(詳しくは9月1日のブログ参照方。)

そこで、サイエンス・フェアへの見学者の人たちに、水道水、フィルター水、ボトリングされた水を飲み比べてもらい、どれがどれかを当ててもらう。さらに、熱帯魚を育てていた頃の水に含まれる物質への化学反応キットを使い、どれが一番純粋な水なのかを示すのだそう。

へぇ~~~。

でも、なんだか、めんどくさそう。自分が手伝ってあげてよね。っというスタンスの私。

だったはずなのに。来週月曜のフェアなのに、まだ一切、何も手を付けていない状態であることを発見!この一ヶ月何をしていたの???と聞くと、「ブレイン・ストーミング」だそう。

あああ。やっぱり私がやらないとだめなのか。。。早速、ターゲットでいろいろと資材を揃え、今日中にえいやっ!と終わらせる予定。

しかし、私が二日に一本はカゴメのボトル入りジュースを飲んでいることには、夫も気がついていないよな。。。(怖)

| | コメント (3)

2008年3月 5日 (水)

Yako先生からのお知らせ

以下、知人であり、くれよん教室などを主催されていらっしゃった、Yakoさんが帰国されるのに伴い、色々とイベントを行うので、告知をよろしく!と頼まれました。(最近、光栄なことに、こういう頼まれごとが非常に多いです。)

ご興味のある方は直接ご連絡さしあげてください!

________________________________

・・・YAKO’Sスペシャルイベントのお知らせ・・・

YAKO宅のプレイルームが6月まで色々な会場に変身します。

ぜひメンバーの方もそうでない方もお誘いして利用してくださいね。

●●トータルボディ・ウォーキングの会●●

キレイに歩くために必要な全身の筋肉を鍛えていくエクササイズをいっしょにしませんか?あのデューク更家氏に師事されたASAKOさんがデュークズウォーク公認スタイリストとしてYAKO宅でレッスンしてくださいます。一緒にいかがですか? 普通の筋トレのように地味~に腹筋運動するのではなく、カラダをひねったりのばしたりして楽しみながら眠っている身体意識を目覚めさせていきます♪女性に大切な中半身の深部筋(骨を支えている奥にある筋肉)を特に強化しながら、キレイに歩くために必要な全身の筋肉を鍛えていくエクササイズです♪ まずは体感してみてください。ほんのちょっとカラダの動かし方や意識を変えるだけでココロもカラダも元気になっていきますよ♪

★ワンデーコース(90分) 1回完結型の集中コースです。「美しく歩いてココロもカラダも元気になる」をテーマに 全身を使った歩き方とは? エレガントで美しく歩くにはどうしたらいいのか?を集中的に伝授します。正しい歩き方は血行を促し、心身の健康にも効果があるので、肩こり、疲労、ストレスの回復にもおすすめです。 定員4名 受講料:1回35ドル 3/11(火)午後6時半~8時←YAKOはこの日に申し込みしました。3/16(日)午前10時半~12時3/22(土)午前10時半~12時  3`/23,30,4/6も予定しています。 今後も続きます。 お問い合わせ・お申し込みは、 suzuki.asako@gmail.com まで。

ちなみにASAKOさんはこんな方です。

・・講師プロフィール・・

Jリーグ外国人サッカー選手のエージェントを経て97年に渡米。ニューヨークの日本語情報誌の編集者として、美容、健康、料理、旅行などの分野を担当。各分野の専門家や聖地、温泉を取材するなかで「女性のココロとカラダを元気にする」が自分のライフワークとなる。セントラルパークでランニング指導を開始。

2003年、デューク更家氏に師事。2006年よりデュークズウォーク公認スタイリストとして、個人レッスンをベイエリアではじめる。2007年10月、39歳で第一子出産をきっかけに、産後のエクササイズの重要性を痛感する。「ママになっても、美しくハッピーであるために」をテーマに産後2週間で妊娠前の体重に戻し、出産2ヵ月後から呼吸と中半身に重点をおいた「トータルボディ・ウォーキング」の指導を開始する。

●●YAKO’S CLUB感謝祭文化祭開催●●

これまでありがとうの思いも込めて、皆さんの出会いの場、作品展の場を企画しました。お習字、これまでクラスで撮った写真展趣味のもの販売(手芸品、ビーズ、陶芸、手作りお菓子など)手打ちおそばの試食会もあります。YAKOんちでの<大人のおみせやさんごっこ>に参加しませんか?クラス以外の方もお誘いくださいね。3月24日月曜日 10時から2時半まで 

尚・・もしも趣味の手作り品、家にある新品だけど使わないから売りたいなというものなど2,3点でもかまいません。いっしょに大人のお店屋さんごっこしましょう。出品者はYAKOまで3月15日までにお知らせください。

yakobeam@sbcglobal.net

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

やった!スポーツの季節到来!

ここのところ、天気が最高ですね 晴れているのに、まだ暑くない。

これはもう、アウトドア・スポーツをするしかないでしょう!!!

ということで、月曜は恒例となったDish歩き、木曜はピラテスの後に外で水泳、金曜はゴルフ、とバリバリ予定を入れることにしました。それに加え、夏からは、テニスのサークルを作る予定!(今から参加者募集!)

週末は家族でテニス・スキー・ゴルフ。娘のサッカーの練習にも付き合います。

ああ、これで、日焼けしないのは絶対に無理!毎年真っ黒に焼けてしまいますが、仕方が無いか。太陽の下、体を動かすのが、大好きなんだもの~~~~

そして、朝運動した後は、みなさん炭家でランチしましょうね~~~

| | コメント (6)

2008年3月 2日 (日)

介護のプロの意見

最近、軽い認知症の母が、物忘れによる不安のために、パニックになることが多く、それに周りが振り回されることが多いです。私達家族も何もかも初めての経験のため、どう対応したらいいのかも、だれに相談したらいいのかもわからなく、本人も不安は増すばかりだし、家族にも疲労感が漂っていました。

そこで、ふと、Mixiにそういうコミュニティがないかな、と探したら、やっぱり、いくつかありました!その中でメンバー数の多いものに、今抱えている問題を相談してみたら、現役の介護職員の方からとても適切なご意見をいただくことができました。

素晴らしい、Mixi!

介護士さんからのご意見は、簡単に言うと、「物忘れをどうにかしよう、とするより『忘れても大丈夫な方法』を考えた方がいい。」というもの。

それは、私にとって、目からウロコの発想の転換となりました。

考えて見れば、物忘れは治るものではなく、ハンディキャップのひとつだと考えたら、絶対に出来ないものを、やってもらおうとするのは無意味なだけでなく、本人も周りも疲れるだけ。それだったら、それは仕方がないとして、その状態を受け入れて、さらに生活がスムーズに楽しくできるように環境を工夫していけばいいのだ!と気がつき、そう思ったら、視界がサーっと晴れたような気分。どんどんと工夫が沸いてきて、意欲が沸いてきました!

例えば、義姉や義兄との重要な連絡は、私が行えばいい。義母が電話する時には、彼らとただ、会話を楽しむためでいい。

会わなければならない人がいたなら、その人とのスケジュールは私が組めばいい。義母がそれを計画する必要もないし、前もって知る必要もない。彼女は素敵な服を着て、楽しめばいい。

夫の家族は皆がやさしいのですが、ただ、まだ今まで元気だったとみなしていた義母が突然認知症、などと受け入れることができないのかもしれません。特に見た目では10年前からほとんど変わっておらず、体もとても元気なものですから。

介護、というと、まるでお世話をする、みたいな印象で馴染めないのですが、認知症の義母と一緒に、楽しく暮らしていく道が開けてきたかもしれません。

| | コメント (4)

2008年3月 1日 (土)

えらい夫

先日友人から、夫をほめられた。

「週末、(私が店に出ている間)三人もの子供達を見てあげて、ほんと、えらいね。」

うん、そうだね、と自分が答えているのにもかかわらず、心の中に、ごく小さな「玉」みたいなものができた。

それから夫が、朝、小学生の子供達を学校へ連れて行ってくれたり、夜、娘達のベッドサイドで本を読んでくれていたり、寝ている下の娘を抱きながらコンピューターに向かって仕事をしているのを見るにつれ、その「玉」みたいなものが、コロコロと周って、どんどん、どんどん、大きくなっていくのを感じた。

そして、ついに、昨日の晩、大きくなった「玉」が胸の中では収まりきれなくなってしまった。

「友達がね、あなたのことえらいって。私が働いている間、子供の面倒をよく見てくれるから。」

と、ついに言葉にしたら、少し涙が出た。

すると、夫はものすごく申し訳なさそうな顔をして、

「僕にとっては、あなたが世界で一番えらい人だよ。」

というようなことを英語で言って、最近、彼自慢のカフェラテを入れてくれた。

クリームがたっぷり泡だったカフェ・ラテを飲み終わった頃には、「玉」がすっかり消えてなくなっていたのに気がついた。

| | コメント (3)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »