« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

双子の日

うちの娘達の学校では、明日は双子の日。

何のことかというと、好きな友達と双子のように、お揃いの格好をしていく日。

でも、こういう日って、どうなのかな。もしも自分の好きな友達が一緒にしてくれなかったりしたり、そこまで親しい友達がいなかったりする子供にはつらい日なんじゃないかな、とか勝手な心配をしてしまう私。

真ん中の娘は早速、親友の女の子とアレンジを済ませているけれど、上の娘は何も言い出さない。昨夜ちょっと心配になって、

「あなたもTwins Dayするの?」

と聞いてみると、娘は思い出したように。

「あ、忘れてた。明日Sに聞いてみようかな。ジーパンと学校のTシャツにするから新しいジーパン買っといて。」

とのんびりしたことを言っています。ママはちょっと心配。Sちゃんはやさしくて面白くて、みんなにとても人気のある子だから、もう他の子とプランを立ててしまったかもしれない。断られたらどうするのかしら。。。

「もしもね、もしも、Sちゃんがもう他の子と予定があったらどう?」

心配している私をよそに、しかし、動じない娘。

「あぁ。それなら、それでいいよ。別にTwins Dayしなくても。普通で。でも、新しいジーパンは買ってね!いいでしょ?」

考えてみれば、長女には唯一無二の親友!というのはいないけれど、いつも決まった友達が一緒じゃなくても、その場その場でそこにいる人たちと仲良く楽しめるようです。それって自分に自信があるからできることなのかもしれません。

逆に次女のほうは、決まった友達としか遊べないようで、それらの友達がいないと、不安で仕方がなくなる時があり、情緒的にまだまだ幼いのかもしれませんね。

それにしても、双子の日。双子が揃いの服を着ているのを見て、かわいいな。。。と思って作られた、という、安易というか単純というか、そうやっておおらかなところが、アメリカらしい行事ですよね。。。

| | コメント (2)

2008年2月28日 (木)

笑顔の影に涙あり

最近、レストランもお蔭様で、スタッフの頑張りのおかげでスムーズに運営され、娘たちも学校へ通い始めたので、短い時間ですが、友人と会える時間が増えました。

そして、久しぶりに会った友達の話をしみじみと聞いていると、私が自分のことで精一杯で気づいてあげられなかったけれど、それぞれに深い悩みがあることを改めて気づかされ、反省している次第です。

笑顔の影に涙あり、と言いますが、明るくて、幸せいっぱいに見える人こそ、心の影にさらに深い不安を抱えて暮らしていることが多いのかもしれませんね。

大好きな友人たちに何か自分がしてあげられることがあるかなぁ、と思うのですが、私なぞができることなどないことにすぐに気がつき、歯がゆい思いです。

でも、あなたの笑顔は周りの人を明るく照らしてくれます!それだけは伝えてあげたい!

私は相当鈍感な上、厚顔。さらに周りに家族や友人のサポートが溢れていて恵まれているために、人様に比べたら思い悩むことなど贅沢だと思うのですが、それでも私なりに不安を抱えることもあります。

それこそ、レストラン開業当初は毎日ジェットコースターに乗っているようで、その波に合わせられず精神的にも揺れが激しく、私にとってはこれまでになく苦しい日々でした。でも面白いもので、どんなに怖いジェットコースターにも慣れるものですね。ジェットコースターそのものは変わらなくても、ジェットコースターの乗りこなし方が自然と身についてくれるのです。そうなってやっと余裕が生まれてくる。そして不思議なことに、ジェットコースターを楽しんでいる自分に気がつくのです。

そして、しばらくすると、そのジェットコースターでは物足りなくなってしまう。。。厄介なことに、また別のジェットコースターに乗りたくなる。

人生ってそういうことの繰り返しなのかもしれませんね。

(あ、でも、二号店はまだちょっと先の話ですからね・・・期待しないで待っていてくださいね。)

| | コメント (3)

2008年2月27日 (水)

三月はお勉強月。

日本では3月は卒業の季節ですが、6月で卒業するアメリカでは3月は学校のお勉強の山場を迎える月です。

長女の学校でも、数ヶ月かかって発表する大きなプロジェクトが来週の金曜締め切り!それに加え、3月のサイエンスフェアに参加するため、長女にかかりっきりで、連日遅くまで主人と私のフル参加で勉強しています。(昨日は一緒に11時まで勉強していた!日本の4年生だったら当たり前なのかな。。。)

先日三育から渡された「小学生の勉強指導に関するすすめ」の紙に、「まだこの年齢では一人で勉強させるのは無理。親が一緒になって勉強してあげないと、宿題はできません。」と書いてあったのですが、これを読んで逆にホッとしたのは私だけ?だって、うちの子、一人で宿題を終わらせるのなんて、どう転んだって無理ですもの~~~!!!!

4年生の算数は「素因数分解」をやっていて、これを教えるのにまた一苦労!もっと数学に強い人だったら、楽しく・面白く教えてあげられるだろうになあ、と自分の勉強不足を痛感している次第です。

ちなみに、私が行っている子供への指導はもっぱら、

「まず近道を見つけよう!楽する道を考えるんだ!」

ダラダラとただ勉強するのはつまらないものです。最初はグズグズと迷っても、ある時にパカッと道が開けたら、子供も痛快で、あまり苦とはならないのではないかと思うからです。

一年生の宿題でたとえると、

Jane ordered 9 vanila flavored icecream. Tim ordered 3 banana flavored icecream. How many icecream did they ordered all together?

という質問があったとすると、このバニラ味とバナナ味というのは、当然問題に全く関係ない!でも一年生の子供(ってうちの子だけ?)には、意外にConfusingな事柄なのです。

「えっとバニラとバナナ・・・色が似てるから間違えちゃうね。」とか言いながら指を折っているうちに訳がわからなくなってしまうんです。

だから、算数の問題は数字だけをみて、質問者の質問を想像しながら、問題としていないところはとりあえず気にしないのだ、というところへ導かないといけないのです。

学校ではそんなこと当然のようにわかっている子供を中心としてすすんでいってしまうので、こんなところでつまずいている子供は置いていかれてしまう。

高校まで受験がない分(もしも私立にすすまないのであれば)、アメリカの学校は楽といえば楽ですが、その分、取り残されていたらそのままで高校を卒業してしまう。

大人の立場から考えると、折角、国がお金を使って14年間も教育を提供してくれているのだから、それを自分のために利用しない手はないではないか!というところです。特に私などは日本で義務教育を受けたので、アメリカの教育法は新鮮。こんな教育を日本でも受けたいと思っている子供は沢山いるだろうな、と思うともったいない気持ちになります。

とはいえ、当然の権利のように感じている子供たちは、私たちのように考えるはずはないですよね。大抵の子供たちと同じように、「宿題面倒くさい。もっと遊びたいのに。」と考えているはずです。

そこで家では、ママと宿題した後は、学校の勉強も楽しくなってきたなぁ、と少しは思ってもらえるように工夫して教えるよう心がけて頑張っているんです。

| | コメント (4)

2008年2月25日 (月)

子供用家具いりませんか

子供が大きくなってきたので、おもちゃ部屋を模様替えし、図書室兼スタディルームとしようと思っています。

そこで、子供用Play Tableが必要な方はいらっしゃいませんか?

Play_table

こんな感じですが、色は白で、引き出しではなくて、下に赤・黄色・青・緑のプラスチックの収納ケースが入るようになっているものです。

それから、バービー人形・Bratzなどのお人形を一式もって行ってくださる方も探しています。

もちろん、取りに来ていただけるなら無料です。

どなたかお知り合いで小さいお子様がいらっしゃる方がいらしたらぜひお伝えください!

| | コメント (2)

2008年2月24日 (日)

ありがたい日本の母

うちの母については以前書いたかもしれませんが、60過ぎて、益々活発な人です。年に3・4回は遊びに来てくれます。それも母が忙しい人なので、いつもたったの10日間。

もう私がアメリカに来て12年になるので、単純に計算して、40回ほど行ったり来たりしていることになりますが、一度も税関や入国審査でとめられた経験無し!見るからに善良そうな普通のおばさんですからね。当然かもしれませんが。

彼女はかなりチャレンジャーで、今回もスキーの4日目、みんなをじっと待っているのはつまらないから、一緒に滑りたいと!でも、母にとっては40年以上ぶりのスキー。(しかも、40年前に初心者だったというのだからすごい。)

当然、滑るどころか、リフトに乗ることもできず。それどころか立ち上がることもできなかった!でも、私たちが滑っている間、なだらかな場所で一人で数時間練習したのだそうです。

市のファミリーサポートセンターでボランティアのような仕事をしつつ、寝たきりの祖母の介護をし、週に三回はテニスをして、マジシャンでもあります!(超子供だまし手品ですが。)そんな母は体力・精神力年齢で言ったら、30代かもしれません!公園ではうちの子供たちと鬼ごっこをして、走り周って遊ぶし、三人くらいの子供の面倒は朝飯前。

今でもよく覚えているのは、二人目の子供が生まれたばかりの時、疲れた姿の私をサロンに行かせてくれ、その間、乳児を抱っこしながら3歳の子供と一緒に親子アート教室に参加し、その後付近の公園で2時間も遊んで待っていてくれていた。しかも、母、英語が全くできないんですよ!

去年の夏休みの間は、上の二人は日本で1ヶ月半もお世話になりました。その間、二人を連れて、日本のあちらこちらへ旅行してくれました。

当然、子供たちも全力で遊んでくれる楽しいおばあちゃんに強烈になついており、明日のお別れが辛くて仕方がありません。とはいえ、今度の夏休みではまた2ヶ月間お世話になる予定なので、ほんの少しの辛抱です。

でも、ふと思います。もしも、日本で近くに住んでいたらどうなっていたのかしら。もしかしたら、母が全て子育てをしてくれちゃったのかも。。。そう思うと、私が親として自立するためにも、離れて住んだことは良かったのかもしれません!?

まあ、離れているからなおさら恋しくなる、というのは本当かもしれませんね。うちの家族にとっては、日本から来てくれる正真正銘のスーパー・ヒーローです。

| | コメント (2)

2008年2月21日 (木)

Ski三昧。

行ってまいりました!4年ぶりのTahoe。

三人目ができて以来、(生まれたてのときに一回行ったけれど)足が遠のいてしまったのですが、それまでは隔週で通っていたほど大好きなスキー!

今回も子供たち三人は朝スキースクールに入ってもらい、朝8時半から4時まで、30分のランチ休憩を挟む以外は4日間スキーしまくり!

もとからスピード狂の私は、技術はともかく、難関コースが大好きで、どうにか夫を追い抜こうと、必死に滑っていたものですが、今回は、あまりスピードに興味を感じず。

それよりも、「早く子供たちのスキースクール終わらないかなあ。。。」と待ち遠しく、見る見る間に上手くなっていく子供たちと一緒に滑るのがこの上なく楽しかったです!

特に上の二人は、すでに中級コースも滑れるようになりました!とはいえ、上の娘は慎重なので、技術は身についているのに及び腰。それに比べ、真ん中の娘は、まだターンも完全にマスターできていないのに、中級コースばかり行きたがり、直滑降で下りて行ってはハラハラさせてくれます。(まるで以前の私みたい。)

4歳の娘はまだまだ一人では滑れませんが、あと一回くらい行ったら滑れるようになるかも!ああ。。。待ち遠しいなあ。。。

今回宿泊したのは、リーゾナブルで朝食もついてファミリーFriendlyなGranlibakken!(マリコさんに以前ご紹介いただいた場所!)さらに予約時、リフト券も割引で買えます。

www.granlibakken.com

さらに、あの辺りのスキーリゾートでは格安なAlpine Meadowで滑りました。こちらは終日チケットが$58(さらにGranlibakkenに泊まれば10ドルオフ。)子供はたった$10です。

http://www.skialpine.com/winter/index.html

そてにしても、スキーに関しては、私も夫も普段のゆったり・くつろぎ旅行とは全く違った、合宿モードになってしまうのはなんで????

それに、韓国人の友人Kに半分無理やり、引きずられるようにして行っているピラテスとDish歩きが役にたったのか?今回、筋肉痛ゼロ。夫も自転車のロードレースに比べたらスキーは楽勝だったみたいです。これって、なかなか嬉しい事実ですよ~~~。

よし、今シーズン中(5月まで滑れるそうです)にスキー、最低一回は行こう!

そのために、ピラテスとDish、これからは積極的に頑張ろうっと~~~!

| | コメント (5)

2008年2月16日 (土)

スキーの準備で、、、

明日からTahoeにてスキーです!

しか~し!このところ学校も仕事もバレンタインイベントやなんやらで忙しかったりなんだりで(言い訳、言い訳)、スキーの用意を始めたのが今日の午後1時。

スキーやブーツは現地でレンタルする予定なので、ウェアや小物を用意するため、今あるものをとりあえず並べてみると。。。4年前にスキーに行って以来なので、子供たちが成長してしまっていることに気がつく!(当然ですけれど!)

それで、夕方の子供の三育の1時間半の合間を縫って、REIに買い物に行くものの、ほとんど子供のものは売り切れ。店の人に薦められて、競合店のAny Mountainへ。こちらはまだまだ沢山いいものが残ってました。

そして、今、家へ帰ってきてパッキング。

ジャケット5枚、ズボン5本、手袋、靴下、下着・・・と数えていって、最後に気がつく。あれ、ゴーグルが6つも買ってありますけど!

しまった。家族の人数よりも多すぎた。。。

そんなこんなもあり、やっとスキーウェアや洋服などをつめた後、今度は、借りているロッジでお料理する材料や子供の薬箱を用意している始末。

こんなこと、前日の夜12時にすることじゃない~~~~!!!!!終わんないよ~~~!!!

はい、夏休み最後の日にラストスパートで宿題を終わらせていたタイプです。

以前、New Zealandに遊びに行く友達が、旅行の一週間前から友達と会うのを断って買い物しているのを見て、「何はりきってそんなに早くから用意してんの!」とつっこんだものですが、彼女は正しい。

「困ったら、現地で買えばいいんだから。。。」

という自分の魔の声に戦いつつ、今夜は睡眠を諦め、明日は車の中で爆睡決定か!?

| | コメント (4)

親がしっかりしていないと。。。

この間、一姫二太郎をお持ちなのにスーパースタイルのいい駐在員奥様、Cさんと話していたことですが、子供が三人いると、もうそれぞれの細かいことに手が掛けられなくなります。(もちろん、親の性格にもよるとは思いますが。)

それなので、うちの子供たちは細かいことにおいて、かなりママよりもしっかりしています。

例えば、今日は母を空港へ迎えに行く日ですが、寝ぼけ顔でコーヒーカップを抱えている私に学校に行く前の長女が、

「ママ。10時到着だからね。9時には家を出ないとだめだよ。」

と釘をさします。

そして、夫に連れられ、ベビーシッターへ行く予定の4歳の娘は、私よりもはるかに早く起きて、自分でシリアルを食べ、着替えて顔を洗い、ジャケットまできちんと身に着けて、

「ママ、ランチ!」

と自分が持っていく用のランチを作るよう指示します。

でもお弁当を作ろうとした私は呆然。昨日、ご飯を洗ったまではよかったものの、スイッチを入れるのを忘れてた。。。

でも、ラッキー!昨日の夜ご飯はピザ!早速ラップで包んで難を逃れる。(そう。なんと、うちのバレンタイン・ディナーは、テイクアウト・ピザだった!!!!でもこの際、それが幸いしました。。。)

そこに次女が、「あ、今日提出の宿題やってたっけ。。。」

ママ (何?宿題?あれ?やってなかったっけ????)ちょっとパニックに。

次女 「あ。そうだ。今週はバレンタインで忙しいから月曜に終わらせといたんだった。」

ですって。

親はなくとも子は育つ!

うちはそれを地で行っちゃってる家族だわ!(自慢じゃないけど。)

あ、そうだ、もうそろそろ義母を美容院に連れていくんだったっけ。。。

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

炭家社内連絡

今夜は、アメリカでは恋人たちにとって特別な夜。。。そうバレンタインでした。

アメリカのバレンタインは、日本で言うところの、クリスマスイブ。ほとんどのアメリカ人のカップルにとって、この日に恋人が何もしてくれない、ということは、本命ではない、と思われてもしかたがない日。そんなロマンチックなバレンタインに入籍するカップルも多いです。(知り合いでも何組も。。。)

ところで、もちろん、私は仕事です。今日はレストラン業界にとって、一年でも最も重要な日のひとつです。

実は、去年は初めてのバレンタインで、あまりの予約殺到でパニックになり、後日ダブルブッキングという不始末をやらかし、お客様から新聞社へ訴えられるという、最悪な体験をしました。

その痛い経験から学び、今年は絶対にスムーズに事を運ぶよう、周到な計画を立てました。

本日のメニューは50ドルと70ドルのコースのみ。

以下が70ドルコースのメニューです。

ネギトロといくらのユッケ、うにのゼリーのせ

大根の昆布だし蒸し物、からすみ散らし

串焼き ソリレスピーナッツバターソース

串焼き ささ身の4種お楽しみ薬味のせ

秘密のれんこん饅頭

牛葱間 カマンベールチーズ添え

ささ身の大葉チーズてんぷら (塩味)

串焼き 天使のえびとラディッシュと生ハムのミルフィーユ

鯛めしの朴葉包み

イチゴとチョコレートのマリアージュ

丸ちゃんを中心としたシェフ全員が知恵と技術を絞り出し、数週間試作を重ね、仕込みに何日もかけてできたお料理は、贔屓目かもしれませんが、私がアメリカで食べたお料理の中で、ダントツ。

今日の夜は、食通の日本人の方も、舌の肥えた中国人の方も、日本語をたくみにあやつるアメリカ人の方にも、ほとんどのお客様に、後々まで『2008年のバレンタインの夜の炭家は美味しかった』と思い出していただけるのではないかと思っているくらいです。

サーバーのH君とH君のさわやかコンビも、まるで自分の家にお客様をおよびしているかのような熱心さで、本当によく頑張ってくれました!

炭家のエッセンスがギュ~~~っと濃縮されたような夜だったと思います。

素晴らしい、炭家。

こんな店のオーナーであることが、誇らしい夜でした。

スタッフのみんな、本当にありがとう。

そして、この店を、より多くの人に知っていただき、堪能していただけるよう、今後も努力していきたいと思っているので、スタッフのみんなも各々の場所でさらに腕を磨いてください!お疲れ様です。

| | コメント (5)

2008年2月14日 (木)

おもちゃやさん閉店セール!

炭家の真裏にあるおもちゃやさんが、リタイヤメントのため 3月に閉店することなり、只今全品25%オフセールを行っていらっしゃいます。

質の高いおもちゃや、教育玩具が沢山あります!

在庫がなくなるかもしれませんので、もしも、よかったらお早めにどうぞ!

(私もお友達のお子さんのお誕生日プレゼントをまとめ買いしちゃいました!)

コレクター用のぬいぐるみなどの品揃えもいいです。

(もしも在庫がまだ残っていれば!)

Lin's Toy Cupboard

237 State St Los Altos, CA 94022

(炭家と同じビルの真裏にあります。)

それにしても、こちらのオーナーご夫婦は「いつも廊下をきれいにしてくれてありがとう!」などと、声を掛けてくださるやさしい方々だったので、とても残念です。

次に入る方もいい方だといいなあ。

| | コメント (3)

2008年2月13日 (水)

中国のお客様

昨日炭家で、団体様のご予約があり、ご予約された方の声が、いかにも生粋のアメリカ人らしいアクセントだったので、アメリカ人の団体様かなぁと思っていたら、彼を除く全員が中国の方でいらっしゃいました。

わざわざFremontやSaratogaから集まっていただいたそうで、大きなケーキの箱を二つお持ちでした。

だいたい人数が揃ってきたころ、店の前にセダンが一台止まります。するとみなさん、一斉に立ち上がり、外にでて車にのっていらっしゃる方をお迎えにあがります。

そして車から現れたのは。。。

小さな白髪のおじいさまと足元が確かでない小さなおばあさま。

ご家族のみなさん全員の、お二人を迎える視線が暖かく、何人もの人が抱えるようにお二人をお席へ導かれます。

そして、おばあさまのすぐ隣には息子さんが座り、赤いナプキンをご用意されていて、(赤はラッキーカラーですものね)おばあさまの首にかけうしろで洗濯バサミでとめて差し上げた後はつきっきりでお食事のお世話。「マーマ、マーマ」とやさしい声をかけつつ、全てのお食事を小さく取り分けて食べさせてさしあげています。

昨日はイェイェ(お父様)の84歳のお誕生日だそうで、大きなケーキは、真っ赤なソースのかかったおめでたいお誕生ケーキ!

お食事の最後では、うどんをご注文され、皆様でお父様の長寿を祝われました。(日本の年越しそばと似ていますね。)

月曜であるのに、みなさんこんなに遠くまで来て集まられて、当日にお祝いしてさしあげる、なんて暖かいご家族。ご高齢のご両親への尊敬と愛情ですみずみまで覆い尽くされた宴会に触れ、給仕している私にまで感動をおすそ分けいただきました。

こんなにご高齢になられても、これだけ家族から慕われ、大切にされるお二人は、これまでにどんな人生をおくられて来たのでしょうか。きっと、その人生には大変なご苦労とそれを上回る愛情があったのではないかと、お察ししました。

最後には、残されたうどんまで全てお持ち帰りになられました。今まで、どうしてのびてしまううどんを持ち帰りにされる方がいるのだろう、と不思議に思っていたのですが、昨日の方々をみて、つくづくわかりました。折角の大切な食べ物を努々残してはいけない、というお気持ちからなのだと。

私も年を取って、子どもたち、孫たち、兄弟たちからこんなに大切に思ってもらえるような人生を送っているだろうか。決してそうではないと思います。

そんなことを深く考えさせられた夜でした。

| | コメント (4)

2008年2月12日 (火)

春を感じた日

今日はぽっかぽかお天気でしたね。

こんなにいい日は久しぶりでしたが、これだからカリフォルニアはいいなあ、と思った一日でした。

そして、我家では今年初めての。。。

半殺しにされ、動きの止まった「とかげ」を台所で発見。

(done by 猫のさくらちゃん)

とかげは春になると出てくる生き物です。(日本だと5月くらいにみられるそう。)Groundhogはあと6週間は冬です、と言いましたが、ここカリフォルニアには春が訪れてしまったみたいですね!

とかげってすぐ死ぬ生き物かと思いきや、7年くらい生きるんですってね。しっぽを置いて逃げるくらいあって、なかなかしぶとくて、おりこうな生き物ですね。。

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

バレンタインのギフトアイデア

私、今、この香りにはまってます!

Antica Farmacista Essenza Dell' Inverno (Essence of Winter)

http://www.anticafarmacista.com/bellissimo_crystal_decanter.html

ピリッとした辛さの中に女性的な甘さがチラッと顔を出すような清廉な香り。

家のエントランスに置いてあるのですが、おかしいのは、何度ダメだ、と言っても4歳の娘がいつもスティックを瓶から出しては、自分の体に塗りたくる!なので、彼女を抱き上げると、なんとも素敵な香りがいつも漂っています!(でも家用のフレグランスだよ!!!)

とってもロマンティックな香りのシリーズもあり、いずれも上品なラインです。

ぜひバレンタインのギフトにいかがでしょう?

でも、もしも私がこんな素敵なギフトを夫にもらってしまったら、女性の影を疑ってしまうかも。。。その点はぜひお気をつけて。。。

| | コメント (4)

2008年2月 8日 (金)

輝く女性たち

今日は、真ん中の娘のクラスのお母さんたちの懇親会がインド料理店Amberで行われました!

でも集まったのは6名。しかもいつも学校でボランティアをしている顔ぶれのような。。。

こういう時って、ほんと、大体同じメンバーが集まるんですよね。。。子供のおかれた環境に興味津々なお母様たちです。私もその一人。

かといって、専業主婦で時間がある方たちだけが集まっていると思ったら大間違い。ほとんどの方が、仕事をお持ちでした。一人の方はわざわざ仕事の休み時間に抜け出して、南サンノゼからいらっしゃってくださいました!感動。いつもボランティアを熱心にされている方たちも意外にしっかりしたご職業をお持ちで、いつ時間を作っているんだろう、、、と不思議に思うくらいです。

さらに、クラスでもプリスクール時代から知っているブロンド美人のCが、最近、ブランドを立ち上げた、と聞いてびっくり!

二年前からロゴのパテントに取り組んでいて、やっと特許が取れたため、高級スパのブティックに置く、小物や装飾品のデザイン・販売を始めたのだとか。彼女のブランド商品にはすべてとっても可愛いラウンジチェアのロゴが入っており、これがまたかなりセンスがいい。上質のアメリカ製の布にこだわっているそうで、着心地も満点なTシャツやバスローブ、下着などを主に出していくとか。

私のほうはレストランでバタバタしていて、彼女とはここ最近じっくり話したことがなかったので、こんなことを仕込んでいたとは全然気がつかなかった!すごいな~~~~。素敵だな~~~~。

もう一人のお母様はインターネットのウェブサイトのセールスコンサルティングをされているとか。今は、老人介護向けのサイトに取り組んでいるそうで、これもまた興味深いお話でした。

もちろん、私も炭家の話をちょこっとさせてもらって、もっとローカルの人たちに炭家を試してもらうにはどうしたらいいだろう、と色々と案をいただいたりしちゃいました。

なんて、充実したランチョン。

今日は、ランチョンの前に、もうすぐご自分のサロンを開かれる予定のYukiさんにヘアカットをしてもらい、至福の一日。明日は、LAHのお城に住むYさん、また専科のお母様との懇親会があり、来週は女性マーケティングコンサルタントのG、お客様でしりあいになったCさんと会食予定。

最近輝いている女性たちとのお付き合いが本当に多いです!

もともと、素敵な男性のお話しを聞くのが大好きですが、アメリカでは生き生きした女性が沢山いて、また違ったいい刺激をもらっています。

もっともっと、自分を発揮して、輝きたい!お金や名誉や地位に縛られない一方、女性のほうがさらに貪欲なのかもしれませんね。

私もみんなに見習って、もっと自分を磨かないと!

| | コメント (2)

Water Heaterの件

またまた内輪ネタで申し訳ありません。(説明する気力がございません。。。。)

炭家のWater Heaterが使えなかった原因は。。。

やっぱりバルブが閉まっていたからでした!

ガーーーーン

ガーーーン

ガーーン

誰か、この私の一週間を返して!

ということで、Mさんご夫婦・Pさんご正解です。

ああ、よかった。Pさんの背後霊に邪魔されているのではなくって。。。(爆)

| | コメント (4)

2008年2月 6日 (水)

キンダー オリエンテーションにて

今晩、一番下の娘のキンダーの申し込みのオリエンテーションがあったので、建設中の新しい学校へ行ってきました。

建設もすすんでいて、それはそれは素敵になりそうでしたが、何しろ、今のロスアルトスの学校へは5年も通いましたから!いよいよ学校を移るのか、という実感がわいてきて、なんだか、どっと寂しさが押し寄せて、涙が。。。

でも、私が寂しがっていては、子供は益々さみしくなってしまうよね。。。

早く気持ちを切り替えないと!!!!

考えてみれば、三人の子供たちが全員同じ学校へ通うことなんて、人生のうちに今後2年間しかありません。子供たちも慣れないことだし、この2年間は覚悟を決めて、学校に入り浸ろうかと思っています。山の中で空気もいいし、キンダーは朝が早いし、健康的になりそう????(今は夫が上の二人を会社にいく途中でDropしてくれているので、多少朝寝坊できるけれど、Kinderは早いし、学校は山の中だから、私の仕事となるのだそう。。。とほほ。)

ですので、私を見つけたかったら、学校へ来てくれれば、かなりの確立で見つかると思います!(でも、朝弱いのでノーメークです。だから見つからないかも。。。)

そうそう、今日のMeetingには、例のチャータースクールでバリバリ役員をしている人が親の一人に紛れていた!彼女のことはよく知っていて、何度も勧誘してくれた中国人の奥様。その彼女が、一体、なぜここに?スパイ?

スパイにしては、ものすご~~~~く派手な格好だったんですけど。。。白のエナメルのハイヒール履いて小学校のMeetingに来る人いないよ?(かくいう私も豹柄のブーツだったけど。)絶対Districtの人にバレバレだと思うんですけど。。。

もしかしたら、彼女はチャーターを辞める気?内紛か?

とかいらぬことを勘ぐったりして、何かと忙しい夜でした。

| | コメント (0)

面白い!今回の大統領選挙

私は、Citizenshipを持っていないので、他人事なのでそう思うのかもしれませんが、今回の大統領選挙は、かなり面白いですね!

Democratsの方はClinton氏とObama氏が接戦ですが、どちらが選ばれたとしても、マイノリティに希望を与えてくれることでしょう。女性と黒人がPresidencyを争っていることなぞ、アメリカの歴史にないことですからね!

また、MaCain氏もLipublicanの中では、かなりリベラルな変り種だし、アメリカには相当強いリベラルな風が吹いているのかもしれません。

11月まで、目が離せません!

特に、Democratsの結果が出るのはあと1ヶ月くらいかかるとか。う~~~。どうなるんだろう。

| | コメント (0)

運転免許がなくなる日

年末から、義母のことを心配していたのですが、先週、お医者様から認知症だとの診断がおりました。現在の医学では、血液検査で簡単にわかるのですね。症状は1年ほど前から顕著だったたため、それだったら、もっと早く検査してあげられればよかったのに、とちょっと残念な気持ちです。

その診断により、自動的に、義母の車の免許が失効されてしまいました。

これが一番、本人にとって辛いことなのではないか、と内心案じていたのですが、女性であるためか、それとも私たちと一緒に暮らしているためか、ほとんど精神的影響はなく、こちらがびっくりしているくらい。

むしろ、お義姉さんやお義兄さんと私で、協力して運転手を勤めよう、という計画に内心喜んでいるよう。

義母自身も不安だったのかもしれない、と反省してしまいました。

一方で、自分が年を取ったら、どうしよう、と最近よく考えるようになりました。車が運転できなくなることは、視力を失ったり、身体が不自由になったらすぐにやってくる切実な問題。

まだまだ先のことかもしれないけれど、そんなことを考えたら不安な気持ちに。

その時が来たら、もっと便利な運転のいらない場所に移ったほうがいいのかもしれないな。。。

| | コメント (2)

2008年2月 5日 (火)

Rosetta Stone

どなたか、このソフトウェアを使ったことがある方いらっしゃいますか?

友達のご主人から、とってもいいよ!と薦められたのですが、どうでしょう。他にもお使いになったことがある方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想を教えてください!

ちなみに、Spanishのレベル1から3までを購入しようか検討中です。。。

| | コメント (3)

2008年2月 2日 (土)

変なところが筋肉痛

年末忙しくてなかなか行けなかった、ジム通いを復活したものの、私の大好きな先生がお休みをされていたため、なんだか消化不良の運動となっていたのですが、

復活しました! Molly Fox!

Molly_fox

彼女はハリウッドで大人気のパーソナルトレイナーだった方。

いろいろなところでエクササイズをしてきましたが、彼女がダントツぴか一です。

何が違うって、彼女が自分の哲学をお持ちだということ、選曲の仕方、疲れてきたときのテンションの上げ方、飽きさせない運動の組み合わせ(しかも、毎週違う!)etc.....

おいくつだかは存じませんが、素晴らしい体!引き締まってはいるものの、女性らしい丸みはしっかり残っており、おしりの形はまん丸。

最高です。

彼女のおかげで、Palo Alto Equinoxはものすごい会員数に!彼女のクラスは入りきれないくらい超満員で、追加料金で予約制のクラスもしていらっしゃいます。

その彼女のクラスを久しぶりに昨日受けてきましたが、いつもはあまりならない筋肉痛に。しかも、それはすべて体の後ろ側!ももの裏側と背中の脊髄の辺りです。

彼女がいつもいつも繰り返して言うのは、女性の体の重心は男性よりも下、肩甲骨の下辺りにあり、そこを重心においた運動を行うことが体にとって自然でかつ重要なのだとか。

他のインストラクターからはお聞きしたことの無い話です。

ちょうどその位置が痛い、ということはきちんと運動できているということかな!?

Molly先生、あなたについていきます!!!!!

| | コメント (2)

2008年2月 1日 (金)

すっかりアメリカ人

「バレンタインの日に思いを渋谷の街角の大ビジョンで伝えることができる」という日本の記事を読んでいて、

「きっとバレンタインの日にプロポーズする人も多いんだろうな。。。」と読みすすめていたら、はっと気がつく。

そうだ。日本ではバレンタインは女性が男性に告白する日じゃなかったっけ?(ところで、女性が大ビジョンで告白って凄すぎない?)

いかん。。。

私にとってのバレンタインとはすっかり「男性に何かをもらう日」と化してしまった。もうほとんど、「お誕生日」とおんなじ感覚かも。

わたしも学生の頃は、ボーイフレンドに手作りチョコとか手編みのセーターとか、あげていたのだっけ。。。(遠い目)

こちらでも、男性から女性への「義理チョコ」とかあったら、チョコ大好きだから嬉しいのに。そんな奥ゆかしい日本の文化はアメリカでは、はやらないものかしら!?

あ、そうだ。義理チョコには、ホワイトデーでお返ししなければならなかったんだっけ。あ、やっぱりそれは面倒くさいからいいや。やっぱりアメリカ式が一番だわ!!!!!

| | コメント (4)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »