« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

めっちゃ内輪な話ですが

今日、Los Altos School Districtから送られてきたメールを読んだら、なんと、Bullisの校長は、SunnyvaleのCherry Chaseの校長に決まったそうですね!ということは、Cherry Chaseの人たちは知っているのかしら???

そして、オールデイキンダーは予算の都合上無くなったそうです。。。がっかり。

でも、Cherry Chaseの校長とは言わずとも知れた、学校を地域一番校に導いた凄腕校長。BullisもStar Testに力の入った学校になるのかなあ。。。ちょっと怖い。。。

| | コメント (3)

2008年1月30日 (水)

相談相手

何かで困ったとき、あなたは一体誰に相談しますか?

私の場合、

子育てや教育のことは、牧師様の奥様である三育のA先生に。

美容のことは、超美人の友人Aに。

お金のことは、会計士のGに。(って夫ですけど。)

それ以外のもろもろのことは兄に。

特に最近では兄へ電話することが多く、この兄弟、仲良すぎるんでは!?といわれるかもしれないくらい、電話してます。でも、何しろ口の悪い兄ですから、いつもやさしいことを言ってくれるわけではないのですが、同じことを他の人から言われるのと、兄から言われるのでは、全く違う!

兄に「お前の悩みなんてちっちぇえよ!そんなもの悩みのうちにはいんないって。甘いんだよ。」と言われると、スーッと気持ちが晴れて、元気になっちゃうんです。

だから、つい、また電話してしまう。

はい。ブラ・コンです。

あ、だから、いつも年上が好きなのかも。

| | コメント (0)

成長する長女

10歳になって、身長も私とあまりかわらないくらいになった長女。

最近になって、彼女の意思が著しく強くなってきました。のんびりやで素直な彼女は、親が何を言っても、はい、といってするものの、情熱が感じられなかったものです。

でも、最近はサッカーに熱中!日本の漫画や本に熱中!ガールスカウト大好き!と自分の意思で行動するようになり、最近一番驚いたのは、転校問題。

Los Altos Hillsに新校舎が建つため、来年度から、今の学校の半分の生徒は新しい学校へ転校しなければならなくなりました。当然、親たちは顔を合わせればその話題ばかり。特に4年生の娘は大好きな友達たちと別れなければならないので、可哀想だなあ、できればあと二年今の学校にとどまらせてあげたかったなあ、と思っていたのですが。。。

本人は転校したいそう。

新しい環境が楽しみなのだとか!

へ~~~~。しっかりしたねえ。

長女といえば、小さい頃から人見知りで、Preschoolの最初の年は「ママ帰らないで~!」と泣きつくため、新米ママも心配で心配でたまらず、三ヶ月ずっと一緒にPreschoolで過ごしたのが昨日のことのよう。

最近では、私にもあまりまとわりつかなくなり、お迎えのときなど、私がギューっと抱きしめても、私よりも先に離れていってしまう10歳。

でも、なぜだかうちではパパが悪者で、ママは人気者。「宿題はママにしかみせない!」とか「ママの言うことだけ、きくの。パパはうるさい。」と言って、ママの言うことは聞いてくれるんです。まあ、パパのしつけは私よりもずっと厳しく、口うるさいので、そういう役回りになってしまうのでしょうけれど。。。(可哀想に。)さて、ママの人気が続くのもあと何年かな。

一方、私の中では、この分だと、将来は何かしら自分の好きなことを見つけて、ひとり立ちしていけそうだな、、、あっという間に私を超えていってしまうのかもね、、、とほっとする気持ちもあり、親心って複雑ですね。

| | コメント (3)

2008年1月28日 (月)

お金の使いすぎ

ここ最近、紀伊国屋でお金を使いすぎ!!!!

何しろ、細切れの時間しかない私にとって、本が唯一の趣味なので、いつも「ああ、紀伊国屋に行きたいなあ。」と思っている自分がいます。さらに、最近では私の日本の本好きが娘にも伝染し、娘も紀伊国屋が一番好きな場所!小さい娘たちも一緒に連れて行ってしまうと、そこで信じられないくらい高い値のついた消しゴムなどを買わされてしまうので、さらに大変なことに。一週間に最低でも100ドルは使ってますね。

私は子供のころから読むペースが普通の人よりもものすごく早いんです。一日に一冊は普通、軽い内容の短いものなら三冊は読めます。妊婦中、3ヶ月ベッドで過ごさねばならない時があったのですが、その時は、なんと200冊読みました!三人目の時には、悪阻中、何故かわからない、小説を書きたい意欲が沸いてきて、大学ノート50冊分、書いたこともあります。(後で読み返してみたら、すべて信じられないような駄作で、完全に処分しました。)英語だとどうなんだろう、と思ったのですが、英語でも同じ。母国語でないハンデがもちろんあるものの、主人が数週間かかる本を(もちろん途中でやめてしまうため)、一日で読んでしまいます。

これでも、気に入った本は、最低3回は読むようにして、時間を稼いではいるのです。途中でさほど興味のわかないような仕事の本とか、医学書とかを挟むようにして、スピードを落とすよう努力はしているのですが、やはり面白い本を読み始めると止まらず、困っています。

あああ、ブックオフがアメリカにできて欲しい。。。

自分で作っちゃおっかなあ。。。でも、果たして需要があるのか????

| | コメント (11)

2008年1月26日 (土)

大統領選挙に役立つサイト

http://www.speakout.com/VoteMatch/senate2006.asp?quiz=2008

これで、政策上、あなたが誰に投票したらいいのか、傾向がわかります!

私はやっぱりヒラリーだった。。。(投票権ないけれど。。。)

| | コメント (9)

2008年1月23日 (水)

夫からのお願い

うちの夫婦は、子供が寝てしまった後は、それぞれ好きなことに貴重な夜の数時間を使う、というのが結婚以来の習慣となっており、二人揃ってDVDを見る、というようなことは、それこそ一年に一回くらいあるかなあ、というような感じです。夫はビールを片手にWarriorsの試合の録画を見たり、株の売り買いをしたり、K-1のDVDで興奮したり、ビル・マーのShowに爆笑しているのを横目に見ながら、私は読書をしたり、顔をパックしたり、日本の母や兄に電話したり、ネットでニュースを読んだり、カゴメのジュースを飲んだりしているわけです。

先日、私がベッドに入る前、いつものように読書をしていると、そばをうろうろとしている夫が目に付き、私に何かを訴えかけていることを察しました。

私「どうしたの?」

夫「あの、お願いがあるんだけど・・・」

私「お願い?」

改まって、なんだろう、と不思議に思い、でも、もじもじとして何も言わない夫。私は改めて向き合って、

私「何のお願い?」

と言い直してみます。それでも言いにくそうな夫。しばらく無言です。

私「じゃあ、また言いたくなったら言ってね。」

と、とりあえず、読書に戻ったら、彼は勇気を出したようで。

夫「じゃ、小さい声で言うね。」

ぷっ。

小さい声で、って。子供みたい。

それでも、息をひそめて言葉を待つ私。

そして彼が聞こえるか聞こえないかのように言った単語はひとつ。。。

「.................fish...」

え、今なんて言った?????

私「ま、まさか、熱帯魚、また始めるの?」

夫「.............just a small one.」

そう。また、始めるんだ。

この前のタンクも始めは5ガロンのグッピーから始まったものだったよなあ。それが、淡水魚、熱帯魚とどんどん進化し、最後は100ガロンのタンクで珊瑚の飼育に移っていったんだっけ。。。懐かしいなあ。

って、つい半年前にその100ガロンのタンク、キャビネットからシステムからライトから、全部一緒に、熱帯魚を営む男性に売ったんじゃなかった!?

あーあ。また始まるのか。彼の生物実験室。

どうせ始まるのなら、最初からきれいで見栄えのいいセットで始めてもらおう。いつもと違って今度は事前に私に言ってくれてよかったかも。とすばやく頭を働かせる私。

熱帯魚にOKを貰って嬉しそうな彼を見て、私もつられて嬉しくなってしまったのでした。

| | コメント (6)

2008年1月22日 (火)

私のブログ

よく夫から「君の日記なんて、一体誰が読みたいの?」と不思議がられるのですが、別に人に読んでもらうのが目的ではなく、毎日書くことに意義があるのだ!と思っている私ですが、なかなか毎日は続かず、でもできるだけ週に3日は書くようにしたい、と思っているのです。

もちろん、一番の読者は日本の家族でありますが、それでも、結構いろんな方が読んでくださっていて、驚くことがあります。

例えば、先日の日記、Kagomeのジュースの事に関して書いたら、

なんと、Kagome USAの社長様からメッセージをいただいてしまいました!

す、すごい。。。インターネットって。。。

故意ではなくても、たとえ偶然でも人を傷つけるようなことだけは書くのをやめよう、と心がけてはいるわけですが、それって難しいことですよね。

例えば、もしも、「この映画はつまらなかった!くだらない!」と自分の正直な意見を書いたら、それを見て面白いと思った人を傷つけてしまうかもしれませんものね。

今後はさらに気をつけて文章を書くようにしよう。。。と思った次第でした!

このブログを読んでいただいた方、いつもありがとうございます!

| | コメント (5)

2008年1月20日 (日)

甘えさせ

最近読んだ育児書で、「甘やかす」のと「甘えさせる」というのは違う、というのを読み、なるほど、と思いました。

「甘やかす」、というのはわがままを見逃す一方、感情的にしかりつけたり、または助長させる行為。その点、「甘えさせる」というのはこちらが大きく構え、受け止めてあげるということ。

単純な例だと、たとえば、家族の決まりであるのに、子供が部屋を片付けない時、

「勉強をするならいいわよ。ママがやってあげる。」と見逃したり、「なんで、片付けられないの!今日のおやつをあげないわよ!おやつが欲しかったら片付けなさい!」と怒ったりするのが「甘やかし。」

同じシチュエーションでも、「今日はママが手伝ってあげる。だから、あなたは本だけ片付けてね。」と譲歩しつつ導いてやるのが「甘えさせてやる」ということ。

「甘えさせて」もらって育てられた子供は責任感があり、思いやりのある大人になるそう。

み、耳が痛い。

「甘えさせて」あげられるようになるって、かなり忍耐と愛情が必要ですよね。それは、忙しい日常の中、いつも実行するのはなかなか難しそうです。でも、できるだけ努力して、そんな懐の深い大人になりたいものだな、と思いました。

| | コメント (6)

2008年1月19日 (土)

最近はまっている飲み物

いつも夜遅く本を読んだり、ネットサーフしたりしている時、どうしても何か口寂しくて飲み物が欲しくなります。でも、そこでビールやお酒を飲んでしまっては太る上アル中になってしまうし、水では味気ないし。。。

ということで、最近はまっているのがこれ、

http://kagome.us/Products.aspx

Veggie_garden そう。カゴメの野菜ジュースです。

Whole Foodsで見つけました。なんと、2本で5ドル!(セール時)

にじやでカゴメのジュースを一本買うと4.99ドルなので、かなりお安いです。

このシリーズ、色々あって、Ruby Pomegranate(ザクロを中心とした野菜・果汁ジュース)もあります。でもPomegranateはやはりPOMがいいです。濃度が一番高い気がします。

これがなかなかいけちゃいます。ひとりでも二日で一本は軽くいっちゃっても、お酒と違って、罪悪感ゼロ。飲みだして以来、お肌のトラブルがすべて解消され、気分爽快!子供たちも大好きなので、日ごろ野菜不足気味な食生活を補う効果もあります。(夫は嫌がって飲みません。。。彼は根っからのビール党なので。)

また、チリビーンズやカレーを作るときに、このジュースを入れると、濃厚になり、お肉を入れない時など特に旨みが増します。

Kagomeさん、美味しい野菜ジュースをありがとう!

次は「緑」のジュースをぜひアメリカで販売してください!

| | コメント (5)

2008年1月18日 (金)

未来学園

最近話題の未来学園に4歳の子供が入園することになりました!

もう口コミでご存知のママさんたちが多いかと思いますが、未来学園はCupertinoに11月に開校した、元補習校教頭を勤められていた方が開かれた日本語の学校。

補習校は旧校長問題でかなりの先生が解雇となったらしいですよね。転んでもタダでは起きない精神!補習校のノウハウを生かし、さらに、需要の高い「国語だけ」を日本人の多いCupertinoで行う!というところ、目の付け所がいい!

午前中には幼稚園をされており、午後は小学生向けの日本語の塾をされています。我家の上の子供たちは三育なので、日本語はまあまあ大丈夫なのですが、4歳児は全く日本語を話さず。。。それを心配していたため、場所も近いし、迷わず週二回通学することに決めました。

それにしても、先生、すごいエネルギーです。素晴らしい。内容も盛りだくさんで、飽きさせないし、日本の幼稚園そのままです。(って日本の幼稚園知らないんだけれど。)

ただひとつ難を言えば、部屋に窓が無いところですね。。。コストを抑えるためなのかな。。。

早く沢山の子供たちが入って、窓のある場所へ移ってもらいたい!!!なんとなく、日本で働いていたときのことを思い出して息苦しいんです。。。(昔、虎ノ門にある、地下三階のオフィスで働いていました。。。)

うちの子供はいまいち乗り気じゃないんですが(何しろ日本語が苦手だし、日本のノリに慣れていないので)、他のお子さんたちもハーフさんが多く(うちは日系人ですが)、英語の方が得意な子供が多かったので大丈夫じゃないかしら?

ああ、これでママが週に2回、2時間半ずつ、フリーになれる時間が増えたわ。。。この時間を使って、韓国人のKとピラテスじゃ!

| | コメント (40)

2008年1月12日 (土)

何のゲーム?

マイミクにーるさんの日記をみて、ふと私も思い出したのですが、

先日床に、ポストイットが落ちていました。

Oshiri

私が夜働いている間、娘たちは何しているの????とちょっぴり不安に。。。

| | コメント (4)

2008年1月11日 (金)

アメリカでもてるには。。。

毎週火曜と木曜のランチに、新しく入ったスタッフ、日本人とアメリカ人のハーフの大学生ですが、とても体が大きい!大学でもフットボールをしているそうです。フットボールは大学でも花形スポーツですものね。もてもてだろうな~~~。

ところで、日本とアメリカで、一般的に女性にもてるタイプって違いますよね。アメリカではまず、スポーツができること、体が筋肉で引き締まっていること、が条件に入りますが、日本では、全く逆のような!日本で人気のある男性タレントなどをみると、揃って、ひょろひょろっとしていて、ファッションセンスのいい芸術家タイプ。

それを意識してでしょうか。30代後半以上の日系人と、例えば駐在でいらしたばかりの日本人のサラリーマンとを比べると、違いが大きい!

体の厚みが違うんです。(ファッションセンスも違う!日本人男性のほうがダントツおしゃれ!)

うちの夫も日系3世ですが、まず、見た目で日本人だと思われる確立は無し!体が大きいためか、いつも、フィリピン系?と言われます。(単に日に焼けているからかもしれませんが。)

これは絶対アメリカの牛乳や牛肉に含まれるホルモン剤の影響だ!というのが主人の意見。

彼の世代が子供の頃、アメリカでは「牛乳信仰」が強く、まずとりあえず牛乳を沢山のめ、と言われて育ったそうです。もちろん、当時の牛乳は何の規制もなく、ホルモン剤を牛に打ち放題打っていた。そのせいで、特別にウェイトトレーニングなどしなくても、自然に筋肉質になる人が多かったのだ、と言うのです。

それって本当かな。。。

どちらかというと、アメリカ女性にもてたくて、体を鍛える運動をする人が多いからではないかな。。。

一方、夫が日本にいた頃は、トレーニングジムでウェイトトレーニングしているところをたまたま会社の女性に見られ、「彼はあんなにマッチョだからきっとゲイだよ!」と嫌なうわさを立てられてしまったそうです。かわいそうに。

でも、日本でもマッチョ好きの女性もいますからね。(はい、私です。)さらに、アメリカでも若い人は男性もかなりおしゃれになってきていますよね。女性の好みも多様化しているわけですから、ただ体を鍛えればいい、というわけではないかもしれませんね。

でも、「おしゃれなマッチョ」っていうのもちょっと違うかな、とも思いますけど。。。

| | コメント (4)

2008年1月 4日 (金)

セドナで迎えたお正月

みなさま遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

お正月、いかがお過ごしでしたか?

われわれは去年に引き続き、今年も砂漠の州、アリゾナでお正月を迎えてきました!

昨年も同じアリゾナのScottsdaleというリゾート地で、大満足の休暇を過ごした我が家族。友達の薦めもあり、今年はさらにアリゾナの秘境、セドナを訪れることに!

昨年は思いのほかの暑さと日差しでひどい日焼け(やけど)をしたため、今年は準備万端。日焼け止めばっちり。

だったのですが。。。

さ~~~む~~~~~~~いっっっ!!!!

そう。私たちの完全な事前調査不足でした。

セドナは高原気候。もともと気温の低いところなのでした。はっきりいって、ベイエリアよりもずっと寒かった。それなのに、まるでリゾート向けの格好を用意していったおバカな私たち。。。

Sedona_trip_0011  写真は、部屋からの眺め。とってもアリゾナらしいレッドロックに囲まれた素晴らしい景色。でも、この時華氏50度。リゾートの中で半そでを着ているのはもちろんうちの子供だけ。みんなダウンジャケットでした。

4泊予定の私たち。すぐにホテルのフロントに行き、あとの2泊をキャンセルできないか(そしたら、Scottsdaleに宿を取ろうと思いついたので)聞いてみたところ、この時期のキャンセルは2週間前だとのこと。。。とほほ。

しかし、ここはすぐに気持ちを切り替え、それじゃあ、思いっきり楽しんでやろうではないの、と、計画を立て、次の日は、朝から部屋にある超コンパクトキッチンの鍋でご飯を炊き、おむすびを持って、ハイキング!

Sedona_trip_027 レッドロックの断崖の中を歩く美しいTrail。それほど高低差がないため、子供の足でも大丈夫か、と思ったのですが、さすがに4歳児には難しいかな、、、

Sedona_trip_0211

と思っていたところに、だんだん道は森の中に。なんと、森の中は日が当たらないため、いつ降ったのかわからない雪が凍り付いたまま残っていて、道はつるつる滑ります。むろん、おにぎりを座って食べる場所もありません。(でも歩きながら食べさせたけれど。カロリーを補うために。)

Sedona_trip_0161

ハイキングシューズをはいていないため、全員転びまくり(私も夫も転びました)4歳の娘も少し泣きました。(でも泣いたのは一回だけ。えらい!)

結局5マイルの道のりを全部自分で歩いた娘を見て、内心「やっぱりKindergartenに入れても大丈夫かも。。。」と思ってしまった。大きくなったね!

次の日は、車で2時間半、さらに北上して、グランドキャニオンへ。ここはさらに激寒!!!ビュービューと風が吹き付けて、寒いのなんの。それなのに、最初に必ず訪れたほうがいい、と薦められたビジターセンターは何故か車が近づけず、徒歩で行かねばならない!さすがに、凍死しそうだったため、諦め、崖っぷちに沿ってできた道をドライブし、眺めのいいポイントで降りて、景色を眺め、ダッシュで車に戻る、ということを繰り返しましたが、それでも素晴らしかった!

Sedona_trip_2_0021 グランドキャニオンはぜひ、また夏に、ハイキングの準備をばっちりとして訪れよう、と決意しました。できれば、谷の一番底まで歩いて下りてみたいなあ、と夫に言ったら、「途中でキャンプしなきゃいけないんだよ!素人には絶対に無理!」と言われたのですが、でもしてみたいなあ。将来にしてみたいことのリストに加えよう。

最後の日は、特に書くこともないのですが、子供たちは終日キャンプに入り、私と夫は一日をスパでリラックス。私たちが泊まったリゾートのスパは、世界でもトップ10に入るスパだそうで、さすがにスパ設備はよかったのですが、マッサージルームははっきりいって普通。ここのリゾートの部屋も「並」だったことを考えると、個人的なスペースよりも、公共的なスペースを大切にしているのかな?と思ってしまいました。でも、セドナではトップに入る人気のリゾート。(有名人を何人か見ました。炭家のお客様まで!)やっぱりレッドロックに囲まれた素晴らしい立地と暖かなサザン・スピリット・ホスピタリティが人気の秘訣!?

ちなみに、こちらのリゾートの情報はwww.enchantmentresort.com

スパ情報はこちらでどうぞ。www.miiamo.com

最後には、帰るのが惜しくなってしまったセドナ。来年は家族でどこを冒険しようかな。寒いなら、コロラドなんかいいかも!?ご推薦の場所があったら教えてください!

| | コメント (7)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »